土木 コンクリ―ト 土木・土木施工管理技士

リバウンドハンマーの試験方法や特徴(別名:シュミットハンマー)

リバウンドハンマー法(シュミットハンマー法)

 

リバウンドハンマー法(シュミットハンマー法)の試験方法ついてかんたんに教えて

こんなぎもんにお答えします。

 

リバウンドハンマー法(シュミットハンマー法)について、種類や特徴試験方法などをまとめましたので参考にしてください。

それではさっそく参りましょう、ラインナップは目次から 🙂

 

この記事を書いた人

名前:ちゃんさと 女性/既婚 1992年生まれ
  • 元公務員(土木)の主婦ブロガー💻
  • 国立大学★土木工学科卒業(学士)
  • 大学卒業後、某県庁の公務員(土木)として7年間はたらいた経験をもつ
  • 1級土木施工管理技士の資格もち
  • 今はブログで土木、土木施工管理技士の勉強方法や公務員のあれこれ、仕事をメインにさまざまな情報を発信中!

 

リバウンドハンマー(別名:シュミットハンマー)の種類や特徴

リバウンドハンマー法(イメージ図)

リバウンドハンマー(別名:シュミットハンマー法)とは、コンクリート非破壊検査で反発硬度法のひとつ。

バネにより、ハンマーでコンクリート表面に打撃を与えたときの反発の程度から、圧縮強度を推定できます。

 

もう少しこまかくいうと、

リバウンドハンマーの種類はこんな感じです。

リバウンドハンマーの種類 概要
N型シュミットハンマー 反発度Rを測定(反発の高さ)

圧縮強度10~70N/mm²のコンクリートに用いられ、最も一般的

NR型はデータを印字する機能をもつ

P型シュミットハンマー 反発度Rを測定(反発の高さ)

圧縮強度5~30N/mm²のコンクリートに用いられる振り子式

低強度コンクリート、若材齢コンクリートの強度推定に用いる

新型シュミットハンマー「シルバーシュミット」 反発の速度比Qを光学的に測定

コンクリートの圧縮強度10~170N/mm²が適用範囲

角度の影響を受けない

リバウンドハンマーとシュミットハンマーのちがいを聞かれることがありますが、基本は同じ反発硬度法。

一般的な反発硬度法の呼び名がリバウンドハンマーであり、そのリバウンドハンマーを分類したものがシュミットハンマーです。

 

 

さらにリバウンドハンマー法(別名:シュミットハンマー法)は、測定器具が軽量でとりあつかいが簡単なので、建物の強度推定などによく使われますが、強度の推定精度はあまりよくないことが注意点です。

リバウンドハンマー(シュミットハンマー)のメリット・デメリットをまとめるとこんな感じですね 🙂

リバウンドハンマー(シュミットハンマー)
メリット デメリット
  • 非破壊検査手法であり、構造物に損傷を与えることなく測定ができる
  • 機器が軽量であり、測定がかんたん
  • かんたんに多数の測定が行えることから、強度分布の測定が可能
  • 硬度から圧縮強度を推定する方法であり、他の測定方法にくらべ精度はやや低い
  • コンクリートの湿度や表面の粗さにより、測定結果が影響を受けやすい
  • 厚さがないコンクリートでは、正確な測定ができないことがある

 

 

リバウンドハンマー(別名:シュミットハンマー)の試験方法

リバウンドハンマー法は、JIS A 1155:2012に沿っておこないます。(環境温度が0〜40 ℃の範囲内)

リバウンドハンマー法JIS規格

試験方法

コンクリートの壁

リバウンドハンマー試験方法

  1. ハンマーの作動を円滑にさせるため,測定に先立ち数回の試し打撃を行う。
  2. リバウンドハンマーが測定面に常に垂直方向になるよう保持しながら,ゆっくりと押して打撃を起こさせる。
  3. 1か所の測定では、互いに25〜50 mmの間隔をもった9点について測定する。
  4. 測定後のリバウンドハンマーの点検によって、リバウンドハンマーの反発度が製造時の反発度から3 %以上異なっていたら、直前に行った点検以後の測定値は無効

反発度(R)は、1か所の有効な測定値から計算した平均値とし、四捨五入によって有効数字2桁に丸めます。

 

測定箇所の選定

測定箇所の選定の条件と注意点は以下のとおりです。

測定条件 注意点
厚さが100 mm以上をもつ床版または壁部材、一辺の長さが150 mm以上の断面をもつ柱または、はり部材のコンクリート表面とする 小寸法で、支間の長い部材及び厚さの薄い床版または壁部材は、試験箇所として選定しないようにする

または背後から別に部材を強固に支持しなければならない。

部材の縁部から50 mm以上離れた内部から選定しなければならない。
表面組織が均一で、かつ、平滑な平面部とする。
豆板、空隙、露出している砂利などの部分及び表面はく離、凹凸のある部分を避ける

コンクリート表面の処理

コンクリート表面の処理はこんな感じです。

リバウンドハンマーコンクリート表面処理

  1. 測定面にある凹凸及び付着物は、研磨処理装置などで平滑にみがいて取りのぞき、コンクリート表面の粉末その他の付着物をふき取ってから測定する。
  2. 測定面に仕上げ層又は上塗り層がある場合には、これを取りのぞき、コンクリート面を露出させた後、a)の処理を行ってから測定する。
  3. 測定面に浮き水がある場合には、これを取り除き、コンクリート面を露出させた後、a)の処理を行ってから測定する。

 

まとめ

リバウンドハンマー(別名:シュミットハンマー法)とは、コンクリート非破壊検査の反発硬度法

バネにより、ハンマーでコンクリート表面に打撃を与えたときの反発の程度から、圧縮強度を推定できる

一般的な反発硬度法の呼び名がリバウンドハンマーであり、そのリバウンドハンマーを分類したものがシュミットハンマー

リバウンドハンマー(シュミットハンマー)
メリット デメリット
  • 非破壊検査手法であり、構造物に損傷を与えることなく測定ができる
  • 機器が軽量であり、測定がかんたん
  • かんたんに多数の測定が行えることから、強度分布の測定が可能
  • 硬度から圧縮強度を推定する方法であり、他の測定方法にくらべ精度はやや低い
  • コンクリートの湿度や表面の粗さにより、測定結果が影響を受けやすい
  • 厚さがないコンクリートでは、正確な測定ができないことがある

リバウンドハンマー(シュミットハンマー)の試験方法

  1. ハンマーの作動を円滑にさせるため,測定に先立ち数回の試し打撃を行う。
  2. リバウンドハンマーが測定面に常に垂直方向になるよう保持しながら,ゆっくりと押して打撃を起こさせる。
  3. 1か所の測定では、互いに25〜50 mmの間隔をもった9点について測定する。
  4. 測定後のリバウンドハンマーの点検によって、リバウンドハンマーの反発度が製造時の反発度から3 %以上異なっていたら、直前に行った点検以後の測定値は無効

 

以上です。

そのほか、コンクリート非破壊検査については以下の記事にまとまっています。

コンクリート構造物の非破壊検査【種類&一覧】

興味のある方はぜひ 😉

 

ありがとうございました。

-土木, コンクリ―ト, 土木・土木施工管理技士

© 2022 土木LIBRARY Powered by AFFINGER5