土木 コンクリ―ト 土木・土木施工管理技士

コンクリートひび割れの補修方法(工法)の分類かんたん確認

コンクリートひび割れ(補修方法(工法))

今回のテーマは【コンクリートひび割れの補修方法(工法)】について!

コンクリートのひび割れ調査、補修・補強指針を参考に、主な材料や注入工法についてまとめました。

それではさっそく参りましょう、ラインナップは目次からどうぞ 🙂

 

コンクリ―トひび割れ補修方法(工法)の分類

コンクリートひび割れ

乾燥収縮などのひび割れを補修するときに、まずはひび割れ部の挙動について確認します。

ひび割れの挙動は小または大の2つに分けられ、動く可能性があるなら「大」と判断しましょう。

小と大、それぞれの適用可能なひび割れ幅と工法は以下のとおりです。

ひび割れの大きさ 適用可能なひび割れ幅 工法



0.2mm未満 塗膜弾性防水材

ポリマーセメントペースト

0.2~1.0mm エポキシ樹脂系注入材

アクリル樹脂系注入材

注入用ポリマーセメント

1.0mm以上 ポリマーセメントモルタル

可とう性エポキシ樹脂

適用可能なひび割れ幅 工法
0.2mm未満 塗膜弾性防水材
0.2~1.0mm (軟質系)エポキシ樹脂系注入材

アクリル樹脂系注入材

1.0mm以上 シーリング材(ウレタン樹脂、シリコン樹脂)

可とう性エポキシ樹脂

(参考引用:コンクリートのひび割れ調査、補修・補強指針)

挙動があるときは、セメントはひかえたほうが良いとされています。

 

コンクリ―トひび割れ補修方法の主な注入工法&材料

コンクリートひび割れにおける、主な注入工法や材料をみていきましょう。

NETIS登録されている(いた)ものをピックアップしました。

NETIS(新技術情報提供システム)とは、民間企業等により開発された新技術に係る情報を共有・提供するためのデータベース!

国土交通省によって運営されNew Technology Information System の頭文字をとり、ネティスと呼ばれているよ

工法・材料名 材料 適用幅 注入方式
工法 ビックス工法 エポキシ樹脂 0.2~1.0mm 低圧式
IPHシステム エポキシ樹脂 - 低圧式
アルファ―ゾルG注入工法 特殊ポリマー樹脂 - 高圧式
ビトパッカー工法 アクリル樹脂 0.2未満も可能 高圧式
リハビリシリンダー工法 超微粒子高炉スラグ+亜硝酸リチウム 0.2~0.5mm 低圧式
Qロック工法 アクリル樹脂 ~0.2mm 塗布型
CAP工法 エポキシ樹脂 ~0.3mm 塗布型
材料 ハイスタッフ 超微粒子高炉スラグ 0.2~1.0mm 高圧式
TSクラックフィラー 超微粒子セメント 0.15mm~ 高圧・低圧
無機質結晶増殖型注入材 高炉スラグ微粒子 0.05~1.0mm 低圧式
ADOX1380W エポキシ樹脂 0.2mm~ -

注入方式の違いは、

  1. 低圧注入用器具
  2. 高圧注入方法
  3. 塗布方式

の3つです。

低圧注入用器具には、ビックス工法のゴム圧方式やIPHシステムのばね方式などがあります。

高圧注入方法はビトパッカー工法、塗布方式はCAP工法などが有名です。

 

以上です。

関連としては以下の記事もおすすめですので、興味のある方はぜひご覧ください。

ありがとうございました。

 

この記事を書いた人

名前:ちゃんさと
  • 元公務員(土木職)の土木ブロガー💻
  • 国立大学★土木工学科卒業(学士)
  • 大学卒業後、某県庁の地方公務員(土木職)に合格!7年間はたらいた経験をもつ
  • 現場監督・施工管理の経験あり
  • 1級土木施工管理技士・危険物取扱者(乙)・玉掛け等の資格もち
  • ブログで土木、土木施工管理技士の勉強方法や公務員のあれこれ、仕事をメインにさまざまな情報を発信
  • ココナラで土木施工管理技士★経験記述の添削サービス実施中です
  • 書籍【土木技術者のための土木施工管理の基礎】好評発売中!

-土木, コンクリ―ト, 土木・土木施工管理技士

error: このコンテンツのコピーは禁止されています

© 2024 土木LIBRARY Powered by AFFINGER5