土木 土木全般 土木・土木施工管理技士

日本のダムランキング(高さ・貯水量・発電量・堤体積)

日本ダムランキング(高さ・発電量・貯水量・堤体積)

日本はたくさんのダムが設置されています。

日本のダムを規模・種類別にランキング化しました

それではさっそく参りましょう、ラインナップはこちら 🙂

 

日本のダムの規模・種類別ランキング(高さ・貯水量・発電量・堤体積)

今回紹介するダムランキングの比較項目は、

  1. ダムの高さ(堤高)
  2. ダムの有効貯水量
  3. ダムの発電量
  4. コンクリートダムの堤体積
  5. フィルダムの堤体積

の5つです。

 

ダムの高さ(堤高)ランキング

黒部ダム

順位 堤高高さ

(m)

ダム名 型式 県名 竣工年

(ダムができた年)

186 黒部ダム アーチ式 富山 1963
176 高瀬ダム ロックフィル式 長野 1979
161 徳山ダム ロックフィル式 岐阜 2007
158 奈良俣ダム ロックフィル式 群馬 1990
157 奥只見 重力式 新潟 1960
日本で一番高いダムは黒部!

 

ダムの有効貯水量ランキング

有効貯水量とは、総貯水容量から堆砂容量や死水容量と呼ばれる、実質水を貯められない部分を除いた容量のこと。

洪水時に洪水調節を行うためや、流水の正常な機能の維持、生活用水、工業用水、農業用水、発電などに利用できる水量です。

奥只見ダム

順位 有効貯水容量

×千㎥

ダム名 型式 県名 竣工年

(ダムができた年)

458,000 奥只見ダム 重力式 新潟 1960
380,400 徳山ダム ロックフィル式 岐阜 2007
370,000 田子倉ダム 重力式 福島 1959
331,000 夕張シューバロ 重力式 北海道 2013
330,000 御母衣 ロックフィル式 岐阜 1961
有効貯水量が1番多いのは奥只見ダム★

 

ダムの発電量ランキング

電気(電球)

順位 発電量

万kw

ダム名 型式 県名 竣工年

(ダムができた年)

56.0 奥只見ダム

(奥只見発電所)

重力式 新潟 1960
40.0 田子倉ダム

(田子倉発電所)

重力式 福島 1959
35.0 佐久間ダム

(佐久山発電所)

重力式 静岡 1956
33.5 黒部ダム

(黒部川第四発電所)

アーチ式 富山 1963
26.5 有峰ダム

(有峰第一発電所)

重力式 富山 1959

 

 

コンクリートダム(堤体積×千㎥)ランキング

堤体積とは、ダム本体の体積のこと。

コンクリートダムでは、コンクリート使用量が多い順とも言えますね 😀

宮ヶ瀬ダム

順位 堤体積

×千㎥

ダム名 型式 県名 竣工年

(ダムができた年)

2,060 宮ヶ瀬ダム 重力式 神奈川 2000
1,950 田子倉ダム 重力式 福島 1959
1,800 滝沢ダム 重力式 埼玉 2007
1,750 浦山ダム 重力式 埼玉 1998
1,676 小河内ダム 重力式 東京 1957

 

 

フィルダム(堤体積×千㎥)の規模ランキング

フィルダムとは、土や岩でつくられたダムのことです。

フィルダムの種類としては、

  1. 均一型:全体的に均一の土砂を使用している
  2. ゾーン型:ダム内部を数個のゾーンに区分けし、水の通りやすさの度合いによって異なる材料を使用している
  3. 表面遮水壁型:岩石でダムをつくったあと、上流側一面を遮水壁で覆う形のダム

に大別できます。

徳山ダム

順位 堤体積

×千㎥

ダム名 型式 県名 竣工年

(ダムができた年)

13,700 徳山ダム ロックフィル式 岐阜 2007
13,500 胆沢ダム ロックフィル式 岩手 2013
13,100 奈良俣ダム ロックフィル式 群馬 1990
11,958 成瀬ダム ロックフィル式 秋田 2017
10,350 寒河江ダム ロックフィル式 山形 1990

 

以上です。

いっぽう、ダム関連だと以下の記事もおすすめです。

ダムの役割とは?ダムの働きや構造&種類まとめ

【緊急放流】の誤解を解く!仕事内容から元ダム管理職員が解説

ダムの緊急放流とは?元ダム管理担当者が分かりやすく解説!

興味ある方はぜひご覧ください。

ありがとうございました。

 

この記事を書いた人

名前:ちゃんさと 女性/既婚 1992年生まれ
  • 元公務員(土木)の主婦ブロガー💻
  • 国立大学★土木工学科卒業(学士)
  • 大学卒業後、某県庁の地方公務員(土木)に合格!7年間はたらいた経験をもつ
  • ダムの維持管理経験あり
  • 1級土木施工管理技士の資格もち
  • 今はブログで土木、土木施工管理技士の勉強方法や公務員のあれこれ、仕事をメインにさまざまな情報を発信中!

 

 

-土木, 土木全般, 土木・土木施工管理技士

© 2022 土木LIBRARY Powered by AFFINGER5