土木 土木全般 土木・土木施工管理技士

クレーンの種類と資格かんたん解説

クレーンの種類

土木や建築には欠かせない【クレーンの種類と資格】についてまとめました。

ぜひ参考にしてください。

それではさっそく参りましょう、ラインナップはこちらです。

 

クレーンの種類と特徴

主なクレーンの種類と特徴はこんな感じです。

クレーン名 特徴 イメージ
トラッククレーン トラッククレーンは、走行部分に旋回サークルやアウトリガーを備え、シャシーの上にクレーン装置が架装されている

車体走行用の運転室とクレーン操作用の運転室が分けられている

動力は油圧式と機械式の2種類

油圧式はエンジンによって油圧モーターや油圧シリンダを動かす仕組みであり、機械式はモータープーリーなどの機械によって動力が生じる

トラッククレーン
ホイールクレーン ホイールクレーンとは吊り上げ荷重0.5トン以上であり、以下の条件と定義を満たす移動式クレーンのこと。

移動式クレーンの条件と定義
1.動力を用いて、積荷を吊り上げられる構造であること
2.積荷を水平に運搬することを目的としている、機械装置であること
3.原動機(エンジン等)を内蔵しており、任意の場所に移動可能なクレーンであること

運転室に走行用とクレーン操作装置が備えられており、荷物を吊ったまま走行ができる

ホイールクレーン
クローラクレーン クローラクレーンは、キャタピラーと呼ばれているクローラー走行装置の上に台車とクレーン装置を備えている

履帯式であり、不整地や軟弱地盤での作業性、走行性がよいが公道上の自走はできない

クローラクレーン
ケーブルクレーン ケーブルクレーンは狭隘、急峻な場所でのコンクリート打設や資材運搬に使われる大型運搬設備

両端のタワーの間にかけ渡したワイヤロープを軌道として上下、水平方向に移動する

固定式および軌索式の2種類があり、ロックドコイルロープ上をトロリーが移動し作業する構造のため、環境に対する負荷を最小限に抑えることができる

ケーブルクレーン
ジブクレーン 比較的軽量荷物を簡単に吊り上げ、移動できる設置がかんたんなクレーン

アーム先端に電気チェンブロック・手動チェンブロックの取り付け穴があり、容量が500kg未満は免許・資格などが不要

固定式と走行式があり、角度を変えられるジブ(ブーム)を腕として、先端から荷を吊るす

ジブクレーン
タワークレーン タワーの上にクレーンを取り付け、高所での吊り上げ作業を行うクレーン

施工高さに応じてタワーを継ぎ足し自力で昇降ができるため、高層ビルや大型建造物の建設でよく使われる

作業が終了すれば解体し、次の建設現場に移動して再び利用できる

タワークレーン
デリッククレーン クレーンの一種で、本体とは別に設置された原動機付きウインチからケーブルを介して、本体のブームを操作して稼働する装置のこと

マストの根本から斜めにブームを出し、ワイヤーロープで吊った荷をウィンチで巻き上げる

つり上げ荷重5t以上のデリッククレーンを運転するためには、

①クレーン・デリック運転士免許(限定なし)

②旧デリック運転士免許

のいずれかが必要

デリッククレーン

 

クレーンの規格と資格

クレーンは規格によって必要となる資格が異なります。

移動式クレーンの規格 下記の資格を有する者
吊り上げ荷重が1t未満 特別教育を受講した者
小型移動式クレーン運転技能講習の修了者
移動式クレーン運転士免許取得者
吊り上げ荷重が1t以上5t未満 小型移動式クレーン運転技能講習の修了者
移動式クレーン運転士免許取得者
吊り上げ荷重が5t以上 移動式クレーン運転士免許取得者

 

クレーンの労働安全衛生規則

クレーンについて、労働安全衛生規則で定められている内容は以下のとおりです。

項目 内容
第2条 適用の除外 0.5t未満のクレーン、移動式クレーン、デリックは適用しない
第66条の2 作業方法等の決定 ①移動式クレーンによる作業方法

②移動式クレーンの転倒を防止するための方法

③移動式クレーンの作業に係る労働者の配置および指揮の系統

第67条 特別教育 吊り上げ荷重が1t未満の運転は特別講習を行う
第68条 就業制限 運転免許が必要(つり上げ荷重が1~5t未満は技能講習修了者で可)
第69条 過負荷の制限 定格荷重以上の使用禁止
第70条の3 使用の禁止 軟弱地盤など転倒のおそれがある場所での作業禁止
第70条の5 アウトリガー アウトリガーまたはクローラは最大限に引き出す
第71条 運転の合図 一定の合図を定め、指名した者に合図を行わせる
第72条 搭乗の制限 労働者の運搬、つり上げの禁止
第74条 立入禁止 作業半径内における労働者の立ち入り禁止
第75条 離脱の禁止 荷物を吊ったままでの、運転位置からの離脱の禁止

しっかりチェックしておきましょう。

 

以上です。

また以下の関連記事もおすすめですので、興味のある方はぜひご覧ください。

ありがとうございました。

-土木, 土木全般, 土木・土木施工管理技士

© 2022 土木LIBRARY Powered by AFFINGER5