土木 土工・土質 土木・土木施工管理技士

法面勾配の計算方法(角度や勾配)図解でかんたん解説

法面勾配の計算

こんにちは、土木学士ちゃんさとです。

 

法面勾配とは、高さを1(基準)として、底辺との割合を示した傾きのこと。

法面勾配(傾き)

1:2、1:0.5などと表記し、2割(1:2)、5分(1:0.5)と呼ばれます。

読み方は2割(わり)、5分(ぶ)

 

この記事では、法面勾配の計算方法(角度や法長など)を図解でかんたん解説!

忘れたときや、ちょっと確認したいときなどにぜひご活用くださーい 🙂

それではさっそく参りましょう、ラインナップは目次からどうぞ!

 

法面勾配の計算①法長・底辺・高さの求め方

法面の勾配計算では三平方の定理を使います。

三平方の定理

 

三平方の定理より、法長、高さ、底辺を求める公式はこんな感じ 😎

三平方の定理(公式)

これら三平方の定理により、辺の長さはすべて計算できます。

三平方の定理の条件は、底辺と高さのあいだは直角(90°)であること

 

法面勾配の計算②角度の求め方&現場での確認方法

法面勾配の角度計算式はこちら。

角度を求めるには三角関数(sinθ、cosθ、tanθ)を使います。

法面勾配計算(角度)

法面勾配の角度 計算式
sinθ Y/X(高さ÷法長)
cosθ Z/X(底辺÷法長)
tanθ Y/Z(高さ÷底辺)

関数電卓はもちろんのこと、最近のスマホ電卓アプリなどでも、三角関数を計算できるものも出てきていますよ。

 

ちなみに、現場で勾配を確認するには、スラントという勾配測定器を使います。

スラント(イメージ画像)

法面に当てると、勾配や角度がパッとわかる優れものです。

土木の現場などでは必須アイテム

 

法面勾配の計算★よく使う角度や勾配早見表

土木の護岸などでよく使われる勾配と角度をまとめました。

参考にしてください。

勾配

(高さ:底辺)

角度 法長計算方法
3分

(1:0.3)

73°18’03”

①√(底辺²+高さ²)

②高さ÷sinθ

③底辺÷cosθ

5分

(1:0.5)

63°26’06”
8分

(1:0.8)

51°20’25”
1割

(1:1)

45°00’00”
1.5割

(1:1)

33°41’24”
1.8割

(1:1.8)

29°03’17”
2割

(1:2)

26°33’54”

 

 

まとめ

法面勾配の計算方法 計算式

X:法長 Y:高さ Z:底辺

三平方の定理 法長 X=√Y²+Z²
高さ Y=√X²-Z²
底辺 Z=√X²-Z²
三角関数 sinθ=Y/X(高さ÷法長)
cosθ=Z/X(底辺÷法長)
tanθ=Y/Z(高さ÷底辺)
勾配

(高さ:底辺)

角度
3分

(1:0.3)

73°18’03”
5分

(1:0.5)

63°26’06”
8分

(1:0.8)

51°20’25”
1割

(1:1)

45°00’00”
1.5割

(1:1)

33°41’24”
1.8割

(1:1.8)

29°03’17”
2割

(1:2)

26°33’54”

 

 

以上です。

参考になればうれしいです。

いっぽう、法面の基準や法面保護工の種類、排水工法などについては、以下の記事がおすすめです。

法面勾配の基準まとめ★角度や勾配がすぐわかる早見表付き

法面保護工の種類&工法まとめ★かんたん解説

法面排水工法の種類や選定★パイプやシートの排水材もかんたん解説

ありがとうございました。

 

この記事を書いた人

名前:ちゃんさと 女性/既婚 1992年生まれ
  • 元公務員(土木)の主婦ブロガー💻
  • 国立大学★土木工学科卒業(学士)
  • 大学卒業後、某県庁の地方公務員(土木)に合格!7年間はたらいた経験をもつ
  • 転職活動経験アリ(現在フリーランス)
  • 1級土木施工管理技士の資格もち
  • 今はブログで土木、土木施工管理技士の勉強方法や公務員のあれこれ、仕事をメインにさまざまな情報を発信中!

 

-土木, 土工・土質, 土木・土木施工管理技士

© 2022 土木LIBRARY Powered by AFFINGER5