土木施工管理技士 2級土木施工管理技士★過去問(無料) 土木・土木施工管理技士

【H30後期】2級土木施工管理技士★過去問実地(解答・解説付き)

2級土木H30実地(2018)

H30年度後期(2018)2級土木施工管理技士★過去問題(実地試験)です。

また図解等は引用またはオリジナルで改めて作成しています。 お気づきの点(ミス・要修正事項)などありましたら、コメントください。

よろしくお願いいたします。

2級土木施工管理技士★過去問実地(解答・解説付き)H30後期2018

※問題1~問題5は必須問題です。 必ず解答してください。

問題1で

1設問1の解答が無記載又は記入漏れがある場合,

2 設問2の解答が無記載又は設問で求められている内容以外の記述の場合, どちらの場合にも問題2以降は採点の対象となりません。

必須問題問題 1】経験記述※省略

あなたが経験した土木工事の現場において, 工夫した品質管理又はエ夫した安全管理のうちから1つ選び, 次の (設問1) (設問2) に答えなさい。

【経験記述(省略)】  

※経験記述でお困りの方は、ココナラで添削や作成(提案)サービスを行っておりますのでぜひご相談ください。

(PR)

土木施工管理技士の添削や作成(提案)サービス

無料登録はこちら

ちゃんさと技師、または土木施工管理技士などで検索してね!

土木施工管理技士の経験記述ていねいに添削します 1級&2級土木施工管理技士経験記述の添削サービス

 

必須問題【問題 2】2級土木施工管理技士★過去問実地

次図のような構造物の裏込め及び埋戻しに関する次の文章の (イ)~ (ホ)に当てはまる適切な語句又は数値を、次の語句又は数値から選び解答欄に記入しなさい。

2級H30実地(図解④)

(1) 裏込め材料は, (イ) で透水性があり, 締固めが容易で,かつ水の浸入による強度 の低下が(ロ) 安定した材料を用いる。

(2) 裏込め, 埋戻しの施工においては,小型ブルドーザ, 人力などにより平坦に敷均し, 仕上り厚は(ハ) cm以下とする。

(3) 締固めにおいては,できるだけ大型の締固め機械を使用し, 構造物縁部などについ てはソイルコンパクタや(二) などの小型締固め機械により入念に締め固めなければならない。 (4) 裏込め部においては、雨水が流入したり、たまりやすいので、工事中は雨水の流入 をできるだけ防止するとともに, 浸透水に対しては, (ホ)を設けて処理をすることが望ましい。

[語句又は数値]

弾性体, 40,振動ローラ, 少ない,地表面排水溝,乾燥施設,可撓性, 高い, ランマ, 20,大きい, 地下排水溝, 非圧縮性, 60, タイヤローラ

【解答欄】

(イ) (口) (ハ) (二) (ホ)
         

+ 解答・解説をみる(クリック)

(イ) (ロ) (ハ) (二) (ホ)
非圧縮性 少ない 20 ランマ 地下排水溝

必須問題【問題 3】2級土木施工管理技士★過去問実地

軟弱地盤対策工法に関する次の工法から2つ選び, 工法名とその工法の 特徴についてそれぞれ解答欄に記述しなさい。

  • 盛土載荷重工法
  • サンドドレーン工法
  • 発泡スチロールブロック工法
  • 深層混合処理工法 (機械かくはん方式)
  • 押え盛土工法

【解答欄】

工法名 工法の特徴
   
   

+ 解答・解説をみる(クリック)

以下から2つ選んで記述する。

工法名 工法の特徴
盛土載荷工法 軟弱地盤にあらかじめ計画された構造物と同じまたはそれ以上の荷重をかけて圧密沈下を促進させ、地盤強度増加後に荷重を除去し構造物を築造させる工法である。
サンドドレーン工法 軟弱地盤中に鉛直方向に砂柱を排水路として打設し、水平方向の排水距離を短くして圧密時間を短縮する工法である。 排水を促進させるためには、盛土等の載荷重の併用が必要である。
発砲スチロールブロック工法 発砲スチロールブロックを盛土材として積み重ねる工法。 盛土自体を軽量化し、地盤に加わる負荷や隣接する構造物に作用する土圧を軽減し、沈下量の低減やすべり安定性の工場、側方流動の抑制等を図る。
深層混合処理工法(機械攪拌式) 石灰またはセメント系の固化材を軟弱地盤と強制的に混合・攪拌し、円柱状の改良体をつくり、沈下および安定性をはかる工法である。
押え盛土工法 本体盛土に先行して側方に押え盛土を施工し、すべりに抵抗するモーメントの増加や本体盛土のせん断変形の抑制により、すべり破壊を防止する。

必須問題【問題 4】2級土木施工管理技士★過去問実地

フレッシュコンクリートの仕上げ, 養生及び硬化したコンクリートの打継目に関する次の文章の[ の(イ)~(ホ)に当てはまる適切な語句を、次の語句から選び解答欄に記入しなさい。

(1) 仕上げとは, 打込み, 締固めがなされたフレッシュコンクリートの表面を平滑に整 える作業のことである。 仕上げ後, ブリーディングなどが原因の(イ)ひび割れが発生することがある。

(2) 仕上げ後, コンクリートが固まり始めるまでに, ひび割れが発生した場合は, (口) や再仕上げを行う。

(3) 養生とは,打込み後一定期間, 硬化に必要な適当な温度と湿度を与え, 有害な外力などから保護する作業である。 湿潤養生期間は、 日平均気温が15°C以上では(ハ)で 7日と, 使用するセメントの種類や養生期間中の温度に応じた標準日数が定められて いる。

(4) 新コンクリートを打ち継ぐ際には, 打継面の(ニ)や緩んだ骨材粒を完全に取り除き,十分に(ホ)させなければならない。

[語句]

水分,普通ポルトランドセメント, 吸水,乾燥収縮,パイピング, プラスチック収縮, タンピング, 保温, レイタンス, 混合セメント (B種), ポンピング, 乾燥, 沈下, 早強ポルトランドセメント, エアー

【解答欄】

(イ) (口) (ハ) (二) (ホ)
         

+ 解答・解説をみる(クリック)

(イ) (ロ) (ハ) (二) (ホ)
沈下 タンピング 混合セメント(B種) レイタンス 吸水

【湿潤養生期間の標準】

日平均気温 早強ポルトランドセメント 普通ポルトランドセメント 混合セメントB種
15℃以上 3日 5日 7日
10℃以上 4日 7日 9日
5℃以上 5日 9日 12日

必須問題【問題 5】2級土木施工管理技士★過去問実地

コンクリートに関する次の用語から2つ選び、 用語名とその用語の説明 についてそれぞれ解答欄に記述しなさい。

  • ブリーディング
  • コールドジョイント
  • AE剤
  • 流動化剤

【解答欄】

コンクリート用語 用語の説明
   
   

+ 解答・解説をみる(クリック)

コンクリート用語について、以下から2つ選んで記入する

コンクリート用語 用語の説明
ブリーディング セメント及び骨材粒子の沈降に伴い, 水やセメントの微粉末が表面に浮かび上がる現象のこと。 ブリーディングにより表面に浮かび上がり, 堆積した微細な物質をレイタンスといい、強度も水密性も小さく, 打継面の弱点となるので, 除去しなければならない。
コールドジョイント 先に打ち込んだコンクリートとの間に生ずる完全に一体化していない継目のこと。 コンクリートを断続的に重ねて打ち込む際, 適切な時間間隔より遅れて打ち込む場合や,不 当な打ち継ぎ処理の場合に生ずる。
AE剤 界面活性作用を利用し, フレッシュコンクリート中に微少な独立した空気の泡 (エントレ インドエア)を均等に連行することにより, ワーカビリティーの改善や耐凍害性の向上、ブリーディングやレイタンスの減少といった効果が期待できる。
流動化剤 あらかじめ練り混ぜられたコンクリートに添加し, かくはんすることによって流動性を増 大させる混和剤である。 標準型と遅延型があり, 標準型は一般的なコンクリート工事に用い られるもので,遅延型は流動化効果と凝結遅延効果を併せもち、,主として暑中コンク リートや運搬時間が長い場合に, 流動化後のスランプロスを低減させる目的で用いられる。
  問題6~問題9までは選択問題 (2)です。 ※問題6, 問題7の選択問題 (1) の2問題のうちから1問題を選択し解答してください。なお, 選択した問題は, 解答用紙の選択欄に○印を必ず記入してください。

選択問題1【問題 6】2級土木施工管理技士★過去問実地

盛土に関する次の文章の(イ) ~ (ホ)に当てはまる適切な語句を、次の語句から選び解答欄に記入しなさい。

(1) 盛土の施工で重要な点は, 盛土材料を水平に敷くことと(イ) に締め固めることである。

(2) 締固めの目的として, 盛土法面の安定や土の支持力の増加など, 土の構造物として必要な(ロ)が得られるようにすることが挙げられる。

(3) 締固め作業にあたっては、 適切な締固め機械を選定し、 試験施工などによって求め た施工仕様に従って,所定の(ハ)の盛土を確保できるよう施工しなければならない。

(4) 盛土材料の含水量の調節は、材料の(二)含水比が締固め時に規定される施工含水 比の範囲内にない場合にその範囲に入るよう調節するもので, (ホ), トレンチ掘削による含水比の低下, 散水などの方法がとられる。 比の低下, 散水などの方法がとられる。

[語句]

押え盛土, 膨張性, 自然,軟弱,流動性,収縮性,最大,ばっ気乾燥, 強度特性,均等,多め、スランプ,品質,最小,軽量盛土

【解答欄】

(イ) (口) (ハ) (二) (ホ)
         

+ 解答・解説をみる(クリック)

(イ) (ロ) (ハ) (二) (ホ)
均等 強度特性 品質 自然 ばっ気乾燥

(1) 盛土の施工で重要な点は,十分な締固め、ならびに均一な品質の盛土をつくることである。そのためには盛土材料を水平の層に薄く敷き均し, 均等に締め固める必要がある。

(2) 締固めの目的として, 土の空気間げきを少なくして透水性を低下させ, 水の浸入による 軟化・膨張を小さくして土を安定した状態にし、盛土法面の安定や土の支持力の増加等, 土の構造物として必要な強度特性が得られるようにすることが挙げられる。

(3) 締固め作業にあたっては、 適切な締固め機械を選定し、 試験施工等によって求めた施工 仕様 (敷し厚さ、締固め回数, 施工含水比等) に従って,所定の品質の盛土を確保できるよう施工すること。

(4) 盛土材料の含水量の調節は、締固め時に材料の自然含水比が規定の施工含水比の範囲内 にない場合,その範囲に入るよう調節するもので、 ばっ気乾燥やトレンチ掘削による含水比の低下・散水等の方法がとられる。 ばっ気は, 気乾して含水比の低下をはかり、締固め に先立つ敷均し, 放置, かき起しをして乾燥させ、トレンチ掘削は,切土作業面より下 にトレンチ(溝) を掘削して地下水位を下げ, 含水比の低下をはかるものである。

選択問題1【問題 7】2級土木施工管理技士★過去問実地

レディーミクストコンクリート (JIS A 5308) の普通コンクリートの荷おろし地点における受入検査の各種判定基準に関する次の文章の(イ)~(ホ)に当てはまる適切な語句又は数値を、次の語句又は数値から選び解答欄に記入しなさい。

(1) スランプが12cmの場合, スランプの許容差は±(イ)cmであり, (ロ)は4.5% で, 許容差は±1.5%である。

(2) コンクリート中の(ハ)は0.3kg/m2以下である。

(3) 圧縮強度の1回の試験結果は、 購入者が指定した呼び強度の(二)(ホ)%以上である。 また、3回の試験結果の平均値は, 購入者が指定した呼び強度の(二)以上であ る。

[語句又は数値]

骨材の表面水率,補正値, 90, 塩化物含有量, 2.5,アルカリ総量, 70, 空気量, 1.0, 標準値,強度値, ブリーディング量, 2.0 水セメント比,85

【解答欄】

(イ) (口) (ハ) (二) (ホ)
         

+ 解答・解説をみる(クリック)

(イ) (口) (ハ) (二) (ホ)
2.5 空気量 塩化物含有量 強度値 85

【スランプ値】

スランプ値 スランプ許容差
2.5cm ±1
5cm~6.5cm※1 ±1.5
8cm以上18cm以下 ±2.5
21cm ±1.5※2

※1)コンクリート標準示方書では5以上8未満

※2)呼び強度27以上で、高性能AE減水剤を使用する場合は基準を±2.0とする。

【空気量】

コンクリート種類 空気量 空気量の許容差
普通コンクリート 4.5 ±1.5
軽量コンクリート 5.0
舗装コンクリート 4.5
高強度コンクリート 4.5

【塩化物含有量】

コンクリート中の塩化物含有量は、荷卸し地点で塩化物イオン量が0.3㎏/㎥以下でなければならない。

【強度】

➀1回の試験結果は、購入者が指定した呼び強度の強度値の85%以上でなければならない

②3回の試験結果の平均値は、購入者が指定した呼び強度の強度値以上でなければならない。

※問題8 問題9の選択問題 (2) の2問題のうちから1問題を選択し解答してくださ い。なお, 選択した問題は, 解答用紙の選択欄に○印を必ず記入してください。

選択問題2【問題 8】2級土木施工管理技士★過去問実地

下図のような道路上で架空線と地下埋設物に近接して水道管補修工事 を行う場合において, 工事用掘削機械を使用する際に次の項目の事故を防止するため配慮すべき具体的な安全対策について, それぞれ1つ 解答欄に記述しなさい。 2級H30実地(図解) (1) 架空線損傷事故 (2) 地下埋設物損傷事故 【解答欄】

(1) 架空線損傷事故  
(2) 地下埋設物損傷事故  

+ 解答・解説をみる(クリック)

架空線と地下埋設物に近接した水道管補修工事の安全対策を以下から選んで記述する。

土木工事安全施工技術指針第3章地下埋設物・架空線等上空施設一般を参考に,以下の項目が挙げられる。

(1) 架空線損傷事故

  • 架空線について, 施工に先立ち、 現地調査を実施し, 種類, 位置 (場所, 高さ等) 及び管理者を確認する。
  • 必要に応じて、 管理者に施工方法の確認や立会いを求める。
  • 架空線への防護カバーを設置する。
  • 架空線の位置を明示する看板等を設置する。
  • 建設機械,ダンプトラック等のオペレータ 運転手に対し, 工事現場区域及び工事用道路 内の架空線の種類,位置(場所, 高さ等) を連絡する。
  • ダンプトラックのダンプアップ状態での移動 走行の禁止や、 建設機械のブーム等の旋 回立ち入り禁止区域等について周知徹底する。
  • 架空線と機械,工具, 材料等について安全な離隔を確保する。
  • 措置を講ずることが著しく困難なときは, 監視人を置き, 作業を監視させる。

(2) 地下埋設物損傷事故

  • 配慮すべき具体的な安全対策は, 建設工事公衆災害防止対策要綱第5章埋設物を参考に, 以下の項目が挙げられる。
  • ガス管,水道管の管理者に対して, 埋設物の位置 (平面・深さ) 等の確認のための立ち会 いを求める。
  • 施工に先立ち、ガス管, 水道管の管理者等が保管する台帳に基づいて試掘を行い, 埋設物 の位置(平面・深さ), 規格, 構造等を原則として目視により確認する。
  • 埋設物付近では機械掘削は行わず, 人力掘削とし, 埋設物に損傷がないように注意する。
  • ガス管,水道管に物件の名称, 保安上の必要事項, 管理者の連絡先等を記載した標示板を 取り付ける等, 工事関係者に対し注意喚起する。
  • ガス管がすでに破損していた場合は直ちに起業者及びその埋設物の管理者に連絡し、修理 等の措置を求める。
  • 周囲の地盤のゆるみ, 沈下等に十分注意するとともに, 必要に応じて埋設物の補強, 移設 等, 保安に必要な措置を講じる。
  • ガス管の付近において溶接機, 切断機等火気を伴う機器を使用してはならない。
  • 管理者の不明な埋設物を発見した場合は, 埋設物に関する調査を再度行い,当該管理者の 立ち会いを求め, 安全を確認した後に処置する。

選択問題2【問題 9】2級土木施工管理技士★過去問実地

下図のような現場打ちコンクリート側溝を築造する場合, 施工手順に基問題 9 づき工種名を記述し横線式工程表(バーチャート)を作成し,全所要日数を求め解答欄に記入しなさい。 各工種の作業日数は次のとおりとする。

  • 側壁型枠工5日
  • 底版コンクリート打設工1日
  • 側壁コンクリート打設工2日
  • 底版コンクリート養生工3日
  • 側壁コンクリート養生工4日
  • 基礎工3日
  • 床掘工5日
  • 埋戻し工3日
  • 側壁型枠脱型工2日

ただし, 床掘工と基礎工については1日の重複作業で, また側壁型枠工と側壁コンクリート打設工についても1日の重複作業で行うものとする。 また,解答欄に記載されている工種は施工手順として決められたものとする。

2級H30実地(図解⑤)

+ 解答・解説をみる(クリック)

施工手順の基づく工種名の記述・横線式工程表作成と所要日数

バーチャートは縦軸に全体を構成する全ての部分作業(工種)を列記し, 横軸に工期(日 数)をとるので, 進捗状況が直視的にわかる。 しかし、作業間の関連及び工期に影響する作 業が不明確である。

バーチャートの作成方法には次の3つの方法がある。

1順行法... 施工手順に従い, 着手日から決めていく。

2 逆算法・・・・・・竣工期日からたどり, 着手日を決める。

3重点法・・・・・・季節や工事条件、契約条件等に基づき, 重点的な着手日や終了日を取り上げ, これを全工期の中のある時点に固定し, その前後を順行法又は逆算法で固めていく。

設問における各工種の手順は、 1 床掘工5日→2 基礎工3日 3側壁型枠工5日→4 側壁コ ンクリート打設工2日→5 側壁コンクリート養生工4日→ 6側壁型枠脱型工2日 7底版コン クリート打設工1日→ 8底版コンクリート養生工3日→ 9埋戻し工3日となるが, 1と2は1 日の重複作業, また3と4も1日の重複作業があるから, 順行法により作業を記入していくと以下のとおり。

2級H30実地(図解③)

全所要日数は26日となる。

【関連カテゴリー】

2級土木施工管理技士★過去問(無料)

-土木施工管理技士, 2級土木施工管理技士★過去問(無料), 土木・土木施工管理技士

error: このコンテンツのコピーは禁止されています

© 2024 土木LIBRARY Powered by AFFINGER5