公務員・仕事 公務員 公務員やめたい

公務員土木を辞めたい5つの理由とは?やめるタイミングはひとそれぞれ

退職

こんにちは、元公務員のちゃんさとです。

 

いちごが有名な県庁を7年勤めましたが、退職することになりました。

土木技師として3回の異動を経験し、さまざまな仕事をすることができました。

もちろん尊敬できる上司もいましたし、仲良くしていた同期や同僚もいました。

 

しかしなぜわたしは、公務員土木をやめたかったのか…

公務員土木をやめたい理由を改めて考えてみました(・・?

 

この記事を書いている人

名前:ちゃんさと 1992年生まれ 女性/既婚
  • 元公務員の主婦ブロガー💻
  • 平成26年に県庁土木職に首席合格
  • (いちご🍓が有名な)県庁の公務員土木職として7年間はたらきましたが、人間関係のストレスや組織体制が合わないと感じて退職しました。
  • 1級土木施工管理技士の資格持ちです。
  • 今はブログで、土木施工管理技士の勉強方法や公務員あれこれ、仕事の話などをメインにさまざまな情報を発信しています。

それではさっそく参りましょう、ラインナップはこちらです。

公務員土木を辞めたい理由5選

わたしが公務員土木をやめた理由はこれ!

公務員土木をやめた理由

  1. とんでもなくきらいなひとに出会ってしまった
  2. 出世するためには能力よりもえらい人に好かれるかどうか
  3. 仕事しないでどうにか乗り切ろうとする人が多い
  4. 通勤が遠すぎてあほらしくなった
  5. とくに災害時が激務すぎてついていけない&きつい
ひとつずつ解説していくよ!

 

①とんでもなくきらいなひとに出会ってしまった

NO

この出会いは自分が仕事をやめることについて、少なからず影響しているなあと感じています。

そのきらいな人は公務員土木1年目の直属の先輩です。

この先輩はまわりからも変な人という認識がありました。

今考えれば、成長した今の自分が同じ部署になったら、上手に流すことができたかもしれません。

まあわからんけど。

いや、やっぱり無理。

きらい!

この先輩はとにかくめんどくさい人なんです。

そして他人ことをばかにして笑いを取るような人です。

 

さらに男尊女卑の考え方がすごい!

今から7年前なので、まだセクハラやパワハラという言葉がメディアに取り上げられていない頃です。

私は出先の土木事務所で、整備部の配属となりました。

初めての社会人。

自分なりにがんばろうと意気込んでいました。

しかしこの先輩のせいで、一気に私の社会人一年目は地獄となるのです。

配属になって2、3日後にその先輩と現場に行くことになりました。

その時に言われたことは、「公務員になれたのは私が女性だから」だと……。

話しかけてきたと思ったらこれ。

この人やばくないですか…?(笑)

 

まあたしかに、その頃公務員の女性登用の推進が新聞とかに書かれましたけれども!

いやいやいや、普通に試験受けて合格してますから。

この時初めて、女性の少ない社会で生きていくむずかしさを身をもって体感しました。

別に女性だけど、女性を売りにしてこの仕事をしているわけではないです。

 

だけどまわりには男性しかいなくて相談すらできなかったことが辛かったです。

ただ私は負けずきらいなので、死んでも休むもんかと仕事に行きつづけました。

休まなかったことは、今となっても成長するきっかけにもなったと思うので良かったです。

がんばった私!

ただ、やっぱりストレスは溜まるようで、とんでもなく嫌いな人との出会いは今の仕事を辞めると決意させた理由のひとつになっています。

 

②出世するためには能力よりもえらい人に好かれるかどうか

ごまをする人

私は公務員としてしか社会に出ていないので、民間や他の職業は分かりません。

しかし私が公務員として働いたかぎり、公務員の出世は能力ではなくえらい人に好かれるかどうかだと感じました。

もちろん、頭が良いだけでは出世できないです。

けれども私は、えらい人に好かれるよりも、目の前の仕事を一生懸命がんばれる人が出世してほしいと思うのです。

 

しかし私のまわりは飲み会などで、誰に好かれたほうが良いとか、えらい人とゴルフに行く話とか、誰が部長、課長になるかなとか、そんな話ばかり……。

私はみんなが今どんな仕事をしているか話が聞きたいだけなのに。

全く共感できず、自然と飲み会に行く機会が減りました。

 

たしかに、出世するには人付き合いも大切です。

しかし私は土木の技術職として、技術の向上を目指した方が、県庁の利益になるのでは?と考えています。

そこそこ仕事をして、あとは、えらい人のご機嫌取りに時間を割く。

それをあたりまえだと思っている組織に、ずっと合わないなーと感じていました。

 

いやいや、とりあえず目の前の仕事100%で頑張ろうよ。

それができた上で、ご機嫌取りに行くならどうぞご勝手に。

でもだいたい仕事よりも、ご機嫌取りに重きをおいている人が多い気がします。

うーん、きらいだなー(笑) 🙄 

この考え方が本当にきらいで、仕事を辞めると決意させた2つ目の理由です。

 

③仕事しないでどうにか乗り切ろうとする人が多い

公務員は横並びの世界で、仕事をしてもしなくても給料は同じ。

リストラされることはありません。

そりゃあ仕事する人が損するようなシステムなら仕事しなくていいやとなりますよね。

さらに、私の勤める県庁は3年~4年で必ず異動があります。

風通しが良いという面では良いです。

 

しかしその3~4年を一生懸命やるか、適当にやるかはその人次第になってしまうのです。

私は与えられた仕事は全力でがんばりたいと思う人間です。

だから仕事を引き継いだ時に、前任が何もやってないことが分かると本当にがっかりします。

 

そりゃあ、ちがう人間だから問題に気付かない場合もあると思います。

だけど引き継ぎ書をみると、なんとなくその人が頑張っていたかどうかが分かっちゃうんですよね。

適当にやってんなーって。

もちろんそのなかでがんばっている人もたくさんいます。

しかしがんばって仕事をしている人が損するような組織体制に、7年間働きましたがどうしても納得できませんでした。

この仕事しない人たちがきらいで、仕事を辞めると決意させた3つ目の理由です。

 

④通勤が遠すぎてあほらしくなった

運転する人

私結婚しまして、勤める県庁の隣県に住むことになりました。

毎日片道105㎞の道のりを高速道路で約3年間通いました。

なぜその時辞めなかったのかと言われれば、もう返す言葉もないのです。

しかしその時はなぜか通える!っと思ってましたね~(笑)

 

だけどもいざ通ってみると、高速道路の通勤代は半額しか出ないし、ガソリン代も80㎞までしか出ないし、通勤代だけを見れば赤字でした。

むしろボランティアの域!

あほらしってなりました。

 

⑤とくに災害時が激務すぎてついていけない&きつい

災害がないときでも公務員土木は忙しいです。

さらに公務員土木は、大雨や台風などの災害が起こるとそうとう激務。

なぜなら通常の業務にプラスして災害対応もしなければならないからです。

夜中までなんてあたりまえ。

それで残業代は満額出ない…。

 

若いときはなんとか体力があったのでがんばっていました。

しかし歳をとってくると、体力的にきびしいなあと感じていました。

将来の不安から、公務員土木を長くつづけるイメージがつかなかったのでやめました。

 

なぜ公務員土木をやめるのに7年もかかったのか

やめる勇気がなかったら

悩む女性

でもどうして7年も働いていたのか?

それは私自身、転職すると想像したときや辞めたときに、自分には何もない…という危機感があったからです。

それと、ただ単にわたしがチキンだから。(笑)

やめる勇気がありませんでした。

 

また、この公務員土木に対してのもやもやした気持ちがかんちがいかもしれない。

給料も休みもあるし、民間は辛いって聞くしと、見て見ぬふりをつづけていました。

 

公務員土木をやめるために資格をとるためと経験値を積むこと

資格の勉強

7年かかったもう一つの理由は、資格をとるためと経験値を積むことです。

やめたいと考えながらも、資格も何もない自分に不安を抱いていました。

だから4年目のときに1級土木施工管理技士の資格を取得。

 

仕事をつづけながら1級土木施工管理技士の資格を取得できました。

この取得は、仕事を辞めることの不安を少しだけ取り除いてくれましたね。

また、資格をもちながら工事を担当することで、意識も変わり経験値を積むことができたと感じています。

 

そしてこの資格取得は、仕事にもよい影響を与えてくれました。

公務員土木の仕事でも、工事の受注者さんと対等にお話することができるようになりました。

さらに私は女性だし童顔なので、受注者さんが不安になることが多いのです。(この担当若造だなって感じで)

しかし1級土木施工管理技士の資格をもっていることが分かると、あきらかに態度が変わります。(笑)

 

公務員の方にも資格取得はめちゃめちゃおすすめです。

仕事辞める人にもね。

転職にもかなり有利ですよ~

 

また、転職の情報は早めから知っておいたほうが有利なことが多いです。

とりあえずわたしは公務員時代(やめるまえ)からいくつかの転職サイトを登録してました。

わたしが登録していたのは、

  1. リクナビNEXT
  2. doda(デューダ)
  3. パソナキャリア

の3つ。

なぜこの3つをえらんだかと言うと、リクナビNEXTは求人数No1なことで、doda(デューダ)は優良物件が多いとされる非公開求人が多いこと。

パソナキャリアは、キャリアアドバイザーの手厚いサポートが受けられると定評があったからです。

転職サイトはいくつか(複数)登録しておくと良いですよ 😉 

 

また自分に合った仕事が、考えてもよくわからないという人は、適職診断を受けてみるっていうのも手です。

分析の力によってはっきりし、あなたに新たな気づきを与えてくれます。

ミイダスというサイトでは、無料登録で適職判断ができるサービスがありますのでぜひやってみてください。

公式サイト直接なら以下のリンクから飛べます。

ミイダスの無料会員登録はこちら

 

いっぽうミイダスで診断を受けてみた感想は、以下の記事でよめますので興味ある方はぜひどうぞ 🙂 

ミイダスのパーソナリティ診断はマイノリティな人こそ受けるべき

【口コミ】ミイダスのコンピテンシー診断はかなり本格的でびっくりした件

 

 

まあそんなこんなで私も試行錯誤してたわけですが…。

けっきょく公務員として、7年間も働いちゃいましたけどね(笑)(*ノωノ)

 

結論:仕事やめるタイミングはひとそれぞれ(公務員土木)

就職の選択肢(ふたつのドア)

わたしは公務員土木として7年間働きましたが、やめるタイミングは人それぞれです。

1年でも5年でも10年でも、自分がやめたいと思ったときがやめてよいと思います。

今思えば、もう少し早くやめていたらな~と考える時もありますけど…。

 

しかし今は、わたしにとっては7年目が最適なタイミングだったと考えています。

もちろんやめたことも後悔していません。

やめることに長いも短いもありません。

やめるタイミングはひとそれぞれ。

あなたのやめたいタイミングが、1番最適なタイミングなのです。

 

やめるまえに登録していた転職サイト

  1. リクナビNEXT
  2. doda
  3. パソナキャリア

おすすめ適職診断⇒ミイダス

 

今回は以上です。

参考になればうれしいです。

ありがとうございました。

 

公務員関連記事

ムダ
公務員は頑張るだけ無駄&損な理由5つ!今すぐ頑張ることをやめよう

続きを見る

あくびしてつまらなそうな猫
公務員土木職がつまらないと言われる理由とは?元公務員が徹底解説!

続きを見る

悩む女性
男性社会で働く女性へ!上手な生き方のコツ5選

続きを見る

 

 

 

-公務員・仕事, 公務員, 公務員やめたい

© 2022 土木LIBRARY Powered by AFFINGER5