公務員・仕事 公務員 公務員やめたい

公務員が向いていない人の特徴5選★私は公務員不適合者でした。

公務員が向いてないと悩む女性

こんにちは、元公務員のちゃんさとです。

 

公務員向いてないかも…。でもまわりには「もったいない」とか言われるし。でもやっぱり価値観や考え方が合わない!公務員向いてない気がするんだよね~。けどやめるとか甘えなのかな…

こんなふうに悩みつづけてかれこれ7年間、公務員として働きつづけました。

けど、やっぱり無理!

価値観がどうしても合わなくて、わたしは公務員をやめました。

 

この記事は、公務員として働いていて、自分は公務員に向いているのだろうかと悩むあなたにおすすめです。

実際に公務員をやめた私のリアルな話、参考になれば幸いです。

 

この記事を書いている人

名前:ちゃんさと 1992年生まれ 女性既婚
  • 元公務員の主婦ブロガー☆
  • 某県庁の公務員(土木)として7年間はたらきましたが、人間関係のストレスや組織体制が合わないと感じて退職しました。
  • 1級土木施工管理技士の資格もち
  • 今はブログで土木施工管理技士や公務員のあれこれ、仕事などをメインにさまざまな情報発信をしています。

それではさっそく参りましょう、ラインナップはこちらです。

 

公務員に向いていない人の特徴5選

悩んでいる人

公務員に向いていない人の特徴

  1. 実力で評価されたい
  2. 問題や課題を放置している現状に耐えられない
  3. 惰性がきらい
  4. 自分の裁量で仕事がしたい
  5. 合理的に仕事がしたい

実力で評価されたい(成果・能力主義)

公務員は良くも悪くも【横並び】の世界です。

わたしにとってはこれが本当に苦痛でした。

 

どうにか仕事をサボろうとする上司や同僚にウンザリ…。

その人たちのしりぬぐい的な仕事を一生やらされて、それも給料が上がるわけでもない。

無理だ!

ってなりましたね~ 🙄 

 

あまり自分で意識したことがなかったので分かりませんでしたが、公務員で働いてみて、はじめて私は自分が「成果主義・能力主義者」なんだと気づきました。

がんばって成果を上げた人にはなんらかの対価があってしかるべき!

この考えに共感してしまう人は、公務員に向いていません。

 

問題や課題を放置している現状が耐えられない

目の前に問題や課題があったとしても、変化をきらい、解決しないまま放置…ということが多々あります。

わたしはそれがもう気になってしょうがない人でした。

 

もうちょっとがんばれば、問題が解決したり、仕事が効率よくなったりするのにな~

いつもそう思っていましたが、7年間働いてみて、わたしのような考えの人は圧倒的に少ないということが分かりました。(ほぼいない)

 

がんばってもがんばらなくても給料いっしょなんだからムダでしょ?

たしかにそうです。

公務員として働きつづけるなら、この考えを受け入れていかなければなりません。

関連記事
ムダ
公務員は頑張るだけ無駄&損な理由5つ!今すぐ頑張ることをやめよう

続きを見る

 

でもわたしはこの考えをどうしても受け入れることができませんでした。

だからさんざん悩んだすえに、公務員をやめるという選択をしました。

今は毎日は充実していて楽しいです。ブログやWebライター仕事をしていてもらえるお金は少ないけど、公務員をやめたことは1ミリも後悔していません!

 

惰性がきらい

惰性とは、だらだら・なんとなくつづける様子を表します。

公務員は前例踏襲(ぜんれいとうしゅう)という、昔ながらのやり方に依存しています。

「前の担当がこうやっていたから」

「昔からこうだから」

何も考えず、こんなふうに仕事している人がほとんどです。

 

でも「昔からやってた」ってそれだけじゃ続ける理由にならないよね?

そう考えて上に相談しても、変化をきらう公務員は首をたてにはふってくれませんでした。

研修ではPDCA回せってうるさいくせに…。

だらだらなんとなく働くのがきらいな人は、私のように公務員向いてません。

 

いっぽうで、それでも公務員として働きつづけないといけないのであれば、あまりがんばりすぎないことをおすすめします。

関連記事
仕事を押し付けられた男性
公務員必見!仕事の押し付け合いはなぜ起こる?上手な対処方法とは

続きを見る

 

自分の裁量で仕事がしたい

公務員の仕事はひとりで完結できるものはありません。

自分がこうやりたい!と思っても、上司からOKが出なければできません。

 

自由な発想をもっていて、自分のやりたいように仕事を進めたい人は完全にフリーランス向きです。

実際にわたしは今フリーランスですが、自分の好きな時間に自由に仕事ができるこのスタイルがとても合っています。

がんばった分お金がもらえるし、がんばらなかったときはそれ相応です。

 

でもそれってあたりまえだよね?って思えるので、自分はやっぱりフリーランス向きなんだと感じています。

自分の裁量で仕事をしたいと思うのなら、公務員はやめたほうが良いです。

関連記事
あくびしてつまらなそうな猫
公務員土木職がつまらないと言われる理由とは?元公務員が徹底解説!

続きを見る

 

合理的に仕事がしたい

公務員の仕事はぶっちゃけ【ムダ】なことが多いです。

時代はつねに変化しています。

 

昔ながらのやり方や規則をなぞるだけでは、仕事の効率が悪くムダであることが多いのです。

そういうことをムダだと感じてしまう人だと、公務員で働くのは正直つらいですよ?

 

合理的に変えていきたいと思っても、変化をきらう公務員(上司)と戦うことになり、体力を消耗することになるからです。

公務員という組織体制を個人が変えることほぼ不可能でしょう。

公務員で働きつづけるなら、合理的でない仕事もやらなくてはなりません。

 

公務員が向いていないと感じたらする行動

  1. 自分の気持ちを整理してみる
  2. 適職診断を受けてみる

自分の気持ちを整理してみる

ノートに自分の気持ちを書き出してみる

公務員が向いていないかも…と悩んでいるなら、まずは自分の気持ちを整理してみましょう。

いちど紙やスマホに書き出すと頭のなかが整理され、なぜ自分が公務員向いていないと感じているのか分かります。

例)

  • 今の上司がきらい
  • 組織体制の考え方自体が合わない
  • 今の仕事がつらくていやだ
  • 給料に不満がある

 

今の環境がいやなだけなら、異動希望を出したり、休職してみたりとやめずに解決する方法はあります。

そもそも公務員という組織が合っていないのか、今の環境がいやなのか落ち着いて考えましょう。

いきおいで公務員をやめるのは絶対やめてくださいね 😐 

関連記事
退職
公務員土木を辞めたい5つの理由とは?やめるタイミングはひとそれぞれ

続きを見る

関連記事
水平線に明るい未来を想う人
公務員はやめとけと思う理由6選!元公務員が徹底解説します。

続きを見る

 

適職診断を受けてみる

自分で考えてもよくわからないという人は、適職診断を受けてみるっていうのも手です。

分析の力によってはっきりし、あなたに新たな気づきを与えてくれます。

適職診断のおすすめはミイダスとdodaのふたつ。

 

ミイダスというサイトでは、無料登録で適職判断ができるサービスがありますので、興味のある方は以下のリンクからやってみてください。

ミイダスの無料会員登録はこちら

ミイダスで診断を受けてみた体験談を記事にしています。

気になる方は以下の記事をご覧ください。

【口コミ】ミイダスのコンピテンシー診断はかなり本格的でびっくりした件

 

いっぽうでdodaのキャリアタイプ診断では、適職やパーソナリティがわかります。

今後転職を考えているのであれば、適職診断などはやっておくべきですね。

ちなみにこんな結果がもらえます。☟

dodaキャリアタイプ診断結果

以下のリンクから診断できますので、興味のある方はぜひ受けてみてください。

doda公式サイト:無料診断はこちら

じっさいに受けてみた体験レポはこちらの記事をどうぞ 😉 

dodaキャリアタイプ診断★パーソナリティも診断してくれてお得

 

公務員が向いていない!【やめる】と決めたときにする行動

  1. 現在のお金の収入・支出の確認
  2. 転職サイトの登録
  3. 退職に向けての準備

現在のお金の収入・支出の確認

お金の貯蓄

公務員をやめると決めたなら、まずはお金の確認をしましょう。

生きてるだけでお金(税金、食費、生活費など)はかかるのです。

お金がないと生きていけないので、やめるときは貯金額の確認と支出入でのムダがないか確認してください。

 

自分が1年くらい働かなくても生きられる貯金額があると、転職活動も安心してできます。

わたしはとりあえず退職金のほかに、200万円貯めて公務員をやめました。

退職金もありますが、税金にがっつりもってかれるのでご注意を!

スマホを格安に変えるとか、コンタクトをメガネにするとか、節約できるところは節約しましょう。

 

転職サイト(エージェント)の登録

そしてできれば公務員であるうちに、転職サイトの登録をしておきましょう。

まぁそれに途中で、

転職はしない。公務員をつづける

ってなっても全然いいと思うんです。

でも今あなたは、公務員に向いていないとかなりネガティブ気味…。

そんなときは、気晴らしに転職サイトで色んな仕事を見てみてください。

世界には自分の知らない仕事がたくさんある。

あなたにもできる仕事がある。

そう思えるだけで、少し気分が晴れますよ 🙂 

 

おすすめな転職サイトはこちらです。

リクナビNEXT

doda(デューダ)

おすすめな理由は、リクナビNEXTは日本で求人数No.1だし、doda(デューダ)は優良物件と言われる非公開求人が多いからです。

迷ったらとりあえずこの2つがおすすめ

 

公務員から民間へ転職するのは不安も多いでしょう。

しかし転職エージェントなら、サポートも受けられますのでぜひご活用ください。

とくにdoda(デューダ)は転職サイトと転職エージェントが一体型なので、登録がらくちんです。

【関連記事】

基本お金はかかりませんので、登録だけでも済ませておくと、転職活動がスムーズに始められますよ 🙂 

【おすすめ転職サイト】

退職に向けての準備

退職するときは、最低3ヶ月~半年前には会社に伝えましょう。

やめたらやめたで、転職活動や新しい環境に忙しくなります。

【終わり良ければすべて良し】

 

やめるからこそ、仕事をしっかり引き継いでずるずると引きずらないようにしましょう。

また公務員は失業手当がもらえませんので、退職金もしっかりチェックしておいてくださいね。

関連記事
公務員の退職金
公務員の退職金💴計算方法★早見表で元公務員が徹底解説!

続きを見る

 

まとめ

公務員に向いていない人の特徴

  1. 実力で評価されたい
  2. 問題や課題を放置している現状に耐えられない
  3. 惰性がきらい
  4. 自分の裁量で仕事がしたい
  5. 合理的に仕事がしたい

公務員に向いていないと感じたらするべきこと

  1. 自分の気持ちを整理してみる
  2. 適職診断を受けてみる(ミイダスdoda(デューダ)

公務員を辞めると決めたらするべきこと

  1. 現在のお金の収入・支出の確認
  2. 転職サイトの登録(リクナビNEXTdoda(デューダ)
  3. 退職に向けての準備

 

わたしのように公務員不適合者でも(笑)、生きるところはいくらでもあります。

世界はひろい!きっとあなたが知らない仕事がたくさんあるよ

もしあなたが公務員が向いていないと悩んでいるなら、公務員以外の仕事も前向きに検討してみたらいかがでしょうか。

 

今回は以上です。

ありがとうございました。

 

-公務員・仕事, 公務員, 公務員やめたい

© 2023 土木LIBRARY Powered by AFFINGER5