公務員・仕事 仕事 仕事術

マトリックスデータ解析法★新QC7つ道具の中で唯一の数値データ解析法

マトリックスデータ解析法

マトリックスデータ解析法の総合的な特徴

マトリックスデータ解析法とは、マトリックス図における要素間を定量(数値)化できた場合、これを計算によって整理する方法です。

新QC7つ道具のなかで、ただひとつの数値データ解析法なので覚えておきましょう。

 

【関連記事】

マトリックス図法★作り方【テンプレート例付き】

マトリックスデータ解析図とは?

マトリックスデータ解析図とは、マトリックス図の交点に数値データが得られた場合、数値データを相関分析などで処理する方法です。

二次元平面図(X-Y平面図)などで表わして、問題とその要因との関係をよりわかりやすく示します。

 

たとえば、飲食店の評価データで考えてみましょう。

以下の表は、○○地区のレストランに点数をつけ評価したものです。

評価項目\○○地区のレストラン A B C D E
美味い 5 3 2 4 1
まずい 1 4 3 2 5
提供が早い 3 4 5 2 1
提供がおそい 5 5 2 2 5

この表だけだとちょっとイメージしづらいですよね。

そこで、評価項目をまとめて別の総合評価項目(例:まずい⇔美味しい、おそい⇔早い)にして、2軸上にプロットしていくと、総合的な評価ができます。

レストラン名 美味い⇔まずい 早い⇔おそい
A 4 -2
B -1 -1
C -1 3
D 2 0
E -4 -4

○○地区のレストラン評価(散布図)

こんな感じでマトリックスデータ解析図だと、数値データをよりわかりやすく表現できるわけです。

 

マトリックスデータ解析図をexcelでつくろう

それではエクセルで、マトリックスデータ解析図をつくっていきましょう。

マトリックスデータ解析には散布図や面、棒グラフなどさまざまなグラフが使われます。

エクセルでは組み合わせてグラフをつくることも可能ですのでぜひ参考にしてください。

 

エクセルでマトリックスデータ解析図をつくる流れはこんな感じです 🙂

マトリックスデータ解析図作り方

  1. エクセルにデータを入力(X軸、Y軸)
  2. データ部分を選択し、挿入タブにある【おすすめグラフ】をクリック
  3. グラフができたらグラフ部分を右クリックし、【グラフ種類の変更】をクリック
  4. グラフ種類を【組み合わせ】に変更し、それぞれグラフの種類をえらぶ
  5. グラフの完成

エクセルにデータを入力(X軸、Y軸)

エクセルにグラフをつくりたいデータを入力します。

今回は例として、ダム(流入量・放流量・貯水位)と降水量の関係を表した図をつくります。

エクセル(データ入力)

データ部分を選択し、挿入タブの【おすすめグラフ】をクリック

エクセルにデータを入力できたら、データ部分を選択し、挿入タブの【おすすめグラフ】をクリックします。

データ部分を選択しおすすめグラフをクリック

グラフができたらグラフ部分を右クリックし、【グラフ種類の変更】をクリック

おすすめグラフで適当にOKを押すと、とりあえずグラフができます。

エクセル【おすすめグラフ】でグラフ作成

そしたらグラフ部分を右クリックして、グラフ種類の変更を選択してください。

エクセルグラフ種類の変更

グラフ種類を【組み合わせ】に変更し、それぞれグラフの種類をえらぶ

グラフの種類を【組み合わせ】に変更し、それぞれデータに合ったグラフの種類をえらびましょう。

エクセルで組み合わせグラフをつくる

グラフの完成

グラフの完成です!

エクセル組み合わせグラフの作り方

今回の場合、データとグラフの種類の関係はこんな感じになりました。

データ グラフの種類
貯水位 積み上げ面
降雨量 棒グラフ
ダム流入量 散布図(平滑線)
ダム放流量 散布図(平滑線)

いろんな種類のグラフを組み合わせることができるので、ぜひエクセルでマトリックスデータ解析図をつくってみてください。

 

まとめ

マトリックスデータ解析法まとめ

マトリックスデータ解析法とは、マトリックス図における要素間を定量(数値)化できた場合、これを計算によって整理する方法

マトリックスデータ解析法は新QC7つ道具のなかで、ただひとつの数値データ解析法(ほかは言語データ)

エクセルでマトリックスデータ解析図をつくる方法(組み合わせグラフ)

  1. エクセルにデータを入力(X軸、Y軸)
  2. データ部分を選択し、挿入タブにある【おすすめグラフ】をクリック
  3. グラフができたらグラフ部分を右クリックし、【グラフ種類の変更】をクリック
  4. グラフ種類を【組み合わせ】に変更し、それぞれグラフの種類をえらぶ
  5. グラフの完成

以上です。

また、関連記事としては以下もおすすめです。

興味ある方はぜひどうぞ 🙂

ありがとうございました。

-公務員・仕事, 仕事, 仕事術

© 2022 土木LIBRARY Powered by AFFINGER5