ライフスタイル

シミに効く美白成分とは?メカニズム4ステップごとのケアが超重要!

シミに効く美白成分

こんにちは、スキンケアアドバイザーのちゃんさとです。

※スキンケアアドバイザー:日本スキンケア協会の公式資格

スキンケアアドバイザー資格認定証

 

シミ…できてる…Σ(゚д゚lll)ガーン 

お肌のシミ、いやですよね~

ふだんのお手入れきちんとやっていますか?

あなたの今つかっているものは、きちんとお肌に届いているでしょうか?

 

美白成分はそれぞれ効能が異なります。

シミのメカニズムに合わせて、ステップごとにケアが必要です。

シミに効く美白成分を知り、なんども鏡を見たくなるような肌を目指しましょう!

 

それではさっそく参りましょう、ラインナップはこちらです。

シミ・ソバカスを防ぐ!コーセー米肌

シミのメカニズムは4ステップ~シミに効く成分とは?~

シミになやむ女性

まずはかんたんにシミのメカニズムから!

シミのメカニズムは大きく分けて4ステップです。

シミのメカニズム

  1. ケラチノサイトがまちがったメラニンの生成命令を出す
  2. 過剰なメラニンをたくさんつくってしまう
  3. 受けきれないメラニンが肌に残る
  4. 残ったメラニンは排出できずにシミになる

慢性的に紫外線をおおく浴びたり、より強い紫外線があたったりすると、ケラチノサイトがまちがった指示をだしてしまいます。

ケラチノサイトとは肌の角化細胞のことです。

そうすると、メラニンをつくりすぎてしまい、排出できずにシミになってしまうのです。

 

シミに効く美白成分はステップごとにまったくちがう!

美白化粧品は、前章の4ステップに合わせてつくられています。

そして美白化粧品を大きく分けた4つのタイプは以下のとおりです。

美白化粧品4タイプ

  1. まちがったメラニンの生成命令をストップする
  2. 過剰なメラニンの産生をおさえる
  3. メラニンの受けわたしをブロックする
  4. とどこおったメラニンの排出をうながす

 

この4タイプに分けて、それぞれに効く美白成分を表にまとめました。

4タイプ 美白成分 効果
まちがったメラニンの生成命令をストップする カモミラET(カモミラエキス) キク科植物のカミツレ(カモミール)から抽出される美白効果に特化した成分。メラニンの生成をうながすエンドセリンを抑制
トラネキサム酸(m-トラネキサム酸) 資生堂が美白成分として開発。肝斑にとくに効果あり
トラネキサム酸セチル塩酸塩(TXC、トラネキサム酸誘導体) 皮ふに吸収されながらトラネキサム酸に変化
過剰なメラニンの産生をおさえる リン酸-L-アスコルビルマグネシウム

リン酸-L-アスコルビルナトリウム

(APM、APS、ビタミンC誘導体)

ビタミンC誘導体のひとつ。

皮ふに吸収されながらビタミンCとなり、メラニンがつくられる反応を抑制する

即効型ビタミンCとも言われる

アスコルビン酸2-グルコシド(ビタミンC誘導体) ビタミンC誘導体のひとつ。

皮ふに吸収されながらビタミンCとなり、メラニンがつくられる反応を抑制する

持続型ビタミンCとも言われる

3-O-エチルアスコルビン酸(アスコルビン酸エチル、ビタミンC誘導体) 紫外線(UVA)による黒化をふせぐビタミンC誘導体

資生堂が開発

コウジ酸 メラニンをつくるチロシナーゼに働き、メラニンの生成をおさえる
アルブチン(β-アルブチン、ハイドロキノン誘導体) メラニンをつくるチロシナーゼに働き、メラニンの生成をおさえる
エラグ酸 タラやイチゴ、リンゴなどに含まれるタンニンの一種。

メラニンをつくるチロシナーゼに働き、メラニンの生成をおさえる

4-n-ブチルレゾルシン(ルシノール) メラニンをつくるチロシナーゼに働き、メラニンの生成をおさえる

POLAが開発

リノール酸S(リノレックS) 紅花などに多く含まれる不飽和脂肪酸の一種

メラニンをつくるチロシナーゼに働き、メラニンの生成をおさえる

SUNSTARが開発

4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4-MSK) メラニンをつくるチロシナーゼに働き、メラニンの生成をおさえる

溜まったメラニンの排出を正常化する効果をもつ

資生堂が開発

5.5’-ジプロピル‐ビフェニル‐2,2’‐ジオール(マグノリグナン) ホオノキなどに含まれるポリフェノールの1種

メラニンをつくるチロシナーゼに働き、メラニンの生成をおさえる

カネボウ化粧品が開発

メラニンの受け渡しをブロックする ニコチン酸アミド(d-メラノ、ナイアシンアミド) ビタミンB3の誘導体

メラノサイトでつくられたメラニンをケラチノサイトに受け渡すのをじゃまする

P&Gが開発

とどこおったメラニンの排出をうながす アデノシン一リン酸二ナトリウムOT(エナジーシグナルAMP) 細胞内のエネルギー代謝を高めて表皮のターンオーバーを促進させる

大塚製薬が開発

デクスパンテノールW(PCE-DP) ケラチノサイトのエネルギー代謝を改善し、ターンオーバーを促進させる

メラニンの分解・消化も促進

POLAが開発

プラセンタエキス メラニン生成抑制やメラニン排出をうながす作用がある

表から分かるように、美白成分も効果がそれぞれちがいます。

 

したがって、この4ステップ

美白化粧品4タイプ

  1. まちがったメラニンの生成命令をストップする
  2. 過剰なメラニンの産生をおさえる
  3. メラニンの受けわたしをブロックする
  4. とどこおったメラニンの排出をうながす

それぞれに特化した美白成分をひとつひとつ見極めながらケアすることが大切なのです。

美白成分もステップごとに働きかける効能がちがうんだね

 

 

シミに効く美白化粧品をえらぶときのポイント

シミへの効果を高めるために、美白化粧品のえらび方のポイントはこちらです。

美白化粧品をえらぶポイント

  1. 美白成分がどこに(どの段階)に働きかけるかを知って上手に使いこなす
  2. ちがうところに働きかける成分やちがうブランドのものを複数組み合わせて使う

美白化粧品の効果をもういちどおさらいすると、

美白化粧品4タイプ

  1. まちがったメラニンの生成命令をストップする
  2. 過剰なメラニンの産生をおさえる
  3. メラニンの受けわたしをブロックする
  4. とどこおったメラニンの排出をうながす

この4段階それぞれに効く美白成分で肌にアプローチしていくことが大切です 🙂

ひとつの化粧品では網羅しきれないので、それぞれの美白成分の特徴を知って、複数の化粧品をつかってケアしましょう。

 

おすすめのひとつとしては、KOSEの米肌肌潤美白。

シミやくすみに特化した商品で、シミ・くすみに対する効果が期待できます。

米肌肌潤美白KOSE公式サイト

 

シミに効く美白化粧品を使うときのポイント

シミケアをする女性

つづいては美白化粧品をつかうときのポイントです。

美白化粧品をつかうポイント

  1. 美白化粧品や日焼け止めは、夏だけでなく1年中つかいつづける
  2. とくに紫外線を多く浴びた日は、夜のお手入れを入念に!
  3. 1ヶ月つかって効果がなければ、ちがうメカニズムの化粧品を試してみる

夏だけでなく、美白化粧品や日焼け止めは1年中つかいつづけましょう。

美白になるには長期戦!

一時的なケアだけではお肌は改善されません。

根気よくつづけることが大切です。

継続は美肌(力)なり!

 

また、とくに紫外線を多く浴びた日は、お手入れを入念に!

まちがえたメラニンをシミにさせないために、しっかり美容成分をお肌に入れてあげてください。

 

いっぽうで美白化粧品などを使ってみて、1ヶ月つかっても効果がなければほかのものも試してみましょう。

メカニズムがちがう化粧品をいろいろ試すことで、あなたに合った美白化粧品がきっと見つかるはずです。

 

 

まとめ

シミに効く美白成分まとめ

シミのメカニズム

  1. ケラチノサイトがまちがったメラニンの生成命令を出す
  2. 過剰なメラニンをたくさんつくってしまう
  3. 受けきれないメラニンが肌に残る
  4. 残ったメラニンは排出できずにシミになる

美白化粧品を大きく分けた4つのタイプ

  1. まちがったメラニンの生成命令をストップする
  2. 過剰なメラニンの産生をおさえる
  3. メラニンの受けわたしをブロックする
  4. とどこおったメラニンの排出をうながす

シミのタイプ別美白成分表

4タイプ 美白成分 効果
まちがったメラニンの生成命令をストップする カモミラET(カモミラエキス) キク科植物のカミツレ(カモミール)から抽出される美白効果に特化した成分。メラニンの生成をうながすエンドセリンを抑制
トラネキサム酸(m-トラネキサム酸) 資生堂が美白成分として開発。肝斑にとくに効果あり
トラネキサム酸セチル塩酸塩(TXC、トラネキサム酸誘導体) 皮ふに吸収されながらトラネキサム酸に変化
過剰なメラニンの産生をおさえる リン酸-L-アスコルビルマグネシウム

リン酸-L-アスコルビルナトリウム

(APM、APS、ビタミンC誘導体)

ビタミンC誘導体のひとつ。

皮ふに吸収されながらビタミンCとなり、メラニンがつくられる反応を抑制する

即効型ビタミンCとも言われる

アスコルビン酸2-グルコシド(ビタミンC誘導体) ビタミンC誘導体のひとつ。

皮ふに吸収されながらビタミンCとなり、メラニンがつくられる反応を抑制する

持続型ビタミンCとも言われる

3-O-エチルアスコルビン酸(アスコルビン酸エチル、ビタミンC誘導体) 紫外線(UVA)による黒化をふせぐビタミンC誘導体

資生堂が開発

コウジ酸 メラニンをつくるチロシナーゼに働き、メラニンの生成をおさえる
アルブチン(β-アルブチン、ハイドロキノン誘導体) メラニンをつくるチロシナーゼに働き、メラニンの生成をおさえる
エラグ酸 タラやイチゴ、リンゴなどに含まれるタンニンの一種。

メラニンをつくるチロシナーゼに働き、メラニンの生成をおさえる

4-n-ブチルレゾルシン(ルシノール) メラニンをつくるチロシナーゼに働き、メラニンの生成をおさえる

POLAが開発

リノール酸S(リノレックS) 紅花などに多く含まれる不飽和脂肪酸の一種

メラニンをつくるチロシナーゼに働き、メラニンの生成をおさえる

SUNSTARが開発

4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4-MSK) メラニンをつくるチロシナーゼに働き、メラニンの生成をおさえる

溜まったメラニンの排出を正常化する効果をもつ

資生堂が開発

5.5’-ジプロピル‐ビフェニル‐2,2’‐ジオール(マグノリグナン) ホオノキなどに含まれるポリフェノールの1種

メラニンをつくるチロシナーゼに働き、メラニンの生成をおさえる

カネボウ化粧品が開発

メラニンの受け渡しをブロックする ニコチン酸アミド(d-メラノ、ナイアシンアミド) ビタミンB3の誘導体

メラノサイトでつくられたメラニンをケラチノサイトに受け渡すのをじゃまする

P&Gが開発

とどこおったメラニンの排出をうながす アデノシン一リン酸二ナトリウムOT(エナジーシグナルAMP) 細胞内のエネルギー代謝を高めて表皮のターンオーバーを促進させる

大塚製薬が開発

デクスパンテノールW(PCE-DP) ケラチノサイトのエネルギー代謝を改善し、ターンオーバーを促進させる

メラニンの分解・消化も促進

POLAが開発

プラセンタエキス メラニン生成抑制やメラニン排出をうながす作用がある

美白化粧品のえらび方

  1. 美白成分がどこに(どの段階)に働きかけるかを知って上手に使いこなす
  2. ちがうところに働きかける成分やちがうブランドのものを複数組み合わせて使う

美白化粧品の使い方

  1. 美白化粧品や日焼け止めは、夏だけでなく1年中つかいつづける
  2. とくに紫外線を多く浴びた日は、夜のお手入れを入念に!
  3. 1ヶ月つかって効果がなければ、ちがうメカニズムの化粧品を試してみる

米肌肌潤美白KOSE公式サイト

 

今回は以上です。

参考になればうれしいです。

ありがとうございました。


〈参考文献〉

美肌成分辞典 著:白野 実、かずのすけ

スキンケア関連記事

-ライフスタイル

© 2022 土木LIBRARY Powered by AFFINGER5